クライアントは自らの中に答えを持っている

カテゴリー:

resource

コーチングでは、「クライアントは自らの中に答えを持っている」と考えます。
例えば、クライアントが解決したトラブルを抱えている場合、クライアント自身がそのトラブルを乗り越えていく答えを持っていると考えます。

コーチは、クライアントに、「どのように乗り越えていきますか?」と問いかけます。クライアントにコーチに対して、「自分自身で乗り越えていけるということを信じくれているんだ。嬉しい。」という気持ちが生じてきます。
そして、クライアントの脳の中に、「そうだ、自分で乗り越えていけるんだ。どうやって乗り越えていこうか?」という思考回路が出来上がります。
さらに、クライアントが自ら、意欲的に乗り越えていく行動へとつながってきます。

写真:Syahmir

Pocket
LINEで送る