ニューロロジカル・レベル(人間の意識の6段階)

人間の意識の6段階

ロバート・ディルツ氏は、人間の意識を6段階に分けました。
クライアントのセルフイメージ(自分について抱いているイメージ)を理解し、効果的なNLPコーチングを行う時、ニューロロジカル・レベルがとても役立ちます。
クライアントのセルフイメージが変容することによって、クライアントの感情が変容していきます。

環境

人間の意識の6段階

人間の意識の6段階

衣食住や家庭環境などです。服装、食生活、住居環境など、人が普段の生活の中で過ごしている環境全般のことです。家庭環境や職場環境なども含まれます。

学生の場合、学校の環境もその人には大きな影響を及ぼします。
カバン、メガネ、靴、車など、持ち物も環境の一部と考えられます。

また、普段聴く音楽も環境の一部です。家の中の絵なども含まれます。

行動

仕事・趣味・勉強など、日々の生活は、たくさんの行動の連続です。そして、人の行動には、様々なタイプ、パターンがあります。
行動してから考えるのか? じっくり考えてから行動するのか? 行動することが好きなのか? 行動せずに、ゆっくりと過ごすのが好きなのか?

能力

人は、知的作業、スポーツ、芸術、技術など、様々な能力を持っています。
そして、人の能力には、得意ワザがあります。コツコツやるのが得意なのか? 一気にやるのが得意なのか?

価値観・信念

どんな価値観を大切にしているのかは、人によって違います。
心を大切にする価値観があります。自分の心を重要視して、その時々の気持ちを大切にします。そうすると家族や他の人に対してもやさしい気持ちになることができて、人間関係も円滑になってきます。

人の気持ちを大切にして、家族や友人との心の交流を大切にする人がいます。
また社会的地位よりも、趣味や心の満足を大切にする価値観があります。

他方、物質的なことや社会的なことを重要視する価値観があります。地位・名誉・財産などを大切にする価値観です。
「人生、結局はお金だ」という価値観で生きている人がいます。また自分が承認される欲求が強く、人から高く評価され、承認されたいので、社会的地位・名誉を得ることを重要視する価値観があります。

人は、信念を持って生きていきます。「努力は報われる」「感謝と反省」など、程度の違いがあるにせよ、人には様々な信念があります。
人には、いろいろな思い込みがあります。合理的なことよりも、先入観・固定観念・先例・常識などを根拠にします。
本人は、固く真実であると信じ込んでいるので、他者と共有することが困難なことが多くなります。

思い込みは、弊害があるけれども、夢を実現する時など、思い込みが強いので、夢が実現する場合もあります。思い込みは、上手に活用すれば、人生を成功させるためのリソース(資源)になります。

自己認識

「自分はどんな存在なのか?」「自分は価値ある存在なのか?」「自分に与えられたミッションとは何か?」など、根源的な自己認識のことです。
どのような自己認識を持つかによって、その人の人生行路が全く違ってきます。

上のレベルの方が下のレベルに与える影響の方が大きい

〈自己認識〉が〈価値観・信念〉に影響を及ぼし、〈価値観・信念〉が〈能力〉に影響を及ぼし、〈能力〉が〈行動〉に影響を及ぼし、〈行動〉が〈環境〉に影響を及ぼします。
逆に、下のレベルが上のレベルに影響を及ぼすことは少ないです。
このことを活用して、NLPコーチングセミナーでは、〈自己認識〉の変容を行うます。そのことによって、〈価値観・信念〉〈能力〉〈行動〉〈環境〉のすべてを変容することが可能になります。

自分を超えた世界

…神、宇宙、地球、大自然、社会、地域、業界、会社、家族、ビジョン、歴史
「自分は、より大きな存在の一部である」と言う認識
「歴史の中の私、ビジョンの中の私、家族の中の私、会社の中の私、業界の中の私、地域の中の私、社会の中の私、大自然の中の私、地球の中の私、宇宙の中の私…」
→その中で、私は、どんな存在価値があり、どんな役割を果たし、どんな貢献ができるだろうか?
→自分らしい人生の成功とは何か?

写真:TerryChen-Blooming Beauty

Pocket
LINEで送る