人の輪の中に入れない

人の輪の中に入れない

いじめを受けた結果、「人の輪の中に入れない」というブロックができてしまうことがあります。
それでは、「人の輪の中に入れない」ことの肯定的意図とは、何でしょうか?

それは、自分を守るということです。人の輪の中に入っていくと、いじめを受け、心を傷つけられる恐れがある。だから、人の輪の中に入るのは危険だよ、というブロックがかかってしまいます。それで、人の輪の外から見るだけということになります。

その結果、いじめを受けることはなくなったとしても、寂しさを感じてしまいます。その寂しさは、なかなか解消できるものではありません。

心の根底で、人に対する苦手意識があり、なかなか人の心に入っていけない人が、コーチングセミナーに参加することによって、繰り返し、周りの方々から「承認」のメッセージをいただきます。承認とは、「ありのままの相手をそのまま受け止める」ことです。

承認し、承認されることを何度も何度も経験することによって、いつの間にか、メンタルブロックが外れていきます。人との間に壁がなくなり、人の輪の中に入っていきたいと心から感じるようになっていきます。
そして、もはやブロックをかけている必要はないということを脳が認識するようになっていきます。

写真:dacian dorca-street photographie

Pocket
LINEで送る