カテゴリー

Category

情的好奇心

情的好奇心

知的好奇心で何度も同じ話を聞くと、飽きてしまいます。「もうその話は10回目よ…」などと思いながら聞くようになり、関心を持って話を聴くことができなくなってしまいます。 そこで、情的好奇心で聴くことが大切になってきます。情的 …

胎中NLP・コーチング

胎中NLP・コーチング

胎児の心の状態が誕生後の人生に大きな影響を及ぼします。「胎児の心は、いわば潜在意識のみ」ということになります。 胎児の心は、母胎の状態と直結しています。従って、母親の心が胎児の心につながります。胎児を抱えた母親が、喜び・ …

リーディング

リーディング

NLPでは、母性的側面と父性的側面があります。 母性的側面は、共感・承認などです。クライアントのありのままを受け入れ、共感・承認していきます。 これに対して、父性的側面として、リーディングがあります。 リーディングとは、 …

人生のすべてに感謝

人生のすべてに感謝

一見すると、嫌な自分、嫌な人たちも、すべて価値ある存在です。 感謝の心を持って接していくならば、嫌な自分、嫌な人たちは、素晴らしい自分、素晴らしい人たちに変化していきます。 嬉しいこと、悲しいこと、うまくいくこと、うまく …

人の輪の中に入れない

人の輪の中に入れない

いじめを受けた結果、「人の輪の中に入れない」というブロックができてしまうことがあります。 それでは、「人の輪の中に入れない」ことの肯定的意図とは、何でしょうか? それは、自分を守るということです。人の輪の中に入っていくと …

何かにつけ怒りの波動を出す三浦さん

何かにつけ怒りの波動を出す三浦さん

三浦さんは、家族や職場など、何かにつけ、怒りの波動を出し続けます。三浦さん自身も怒りを出さないようにしたいと思いつつも、なかなか怒りの波動を出さないようにコントロールすることができないで、悩んでいます。 今日も、小学生の …

子どもの潜在能力を引き出すコーチング_01

子どもの潜在能力を引き出すコーチング

日本の若者の「強い自己否定感」 日本青少年研究所が3年ごとに、4ヵ国(日本・アメリカ・中国・韓国)の高校生を対象に実施している意識調査があります。 2012年の調査項目のなかにある「自分はダメな人間だと思うことがある」と …

知的機能(考える脳)と情的機能(感じる脳)

脳トレ

共感の項目で、「〇〇という事情・状況の中で、△△という気持ちになったんですね。」ということを説明しました。 事情・状況を把握するのは知的理解であり、気持ちを共にするのは情的理解です。言い換えれば、理性と感情です。脳には、 …

アソシエーションとディソシエーション_5

アソシエーションとディソシエーション

活用例_4 清水さんは、友人の小川さんと久しぶりに会う約束をしました。積もる話をしようと楽しみにして、約束の場所に、約束の時間に到着しました。 ところが、約束の時間が40分過ぎても、小川さんは現れません。清水さんはイライ …

アソシエーションとディソシエーション_2

アソシエーション・ディソシエーション

活用例_1 受験の現場において、アソシエーションとディソシエーションの活用例を説明します。 受験会場においては、とかくアソシエーションになりがちです。 アソシエーション 受験当日となり、各自椅子に座り、試験問題が配られま …

TO TOP