アソシエーションとディソシエーション

カテゴリー:

アソシエーション・ディソシエーション

アソシエーション(association)とは、自分の心の中に集中し、臨場感のあふれるイメージを抱き、感情を味わっている心の状態のことです。いわば感情的になっている状態のことです。
これに対して、ディソシエーション(dissociation)とは、冷静に自分を観察している心の状態のことです。いわば、冷静で客観的な状態のことです。

両者のバランス

アソシエーションは、心のエネルギーの高い状態です。プラスの感情の場合、心にエネルギーが満ち溢れ、喜び・感謝の気持ちや幸福感が体全体を巡っていきます。好きなことに酔いしれているような心の状態です。アソシエーションは、推進力や行動力の源泉となるという意味で、人間にとって必要なものです。

マイナスの感情のアソシエーションの場合、怒り・恨み・自責の念・精神的落ち込みなども、エネルギーとしては高い状態です。人によっては、「恨みを晴らしてやるんだ。」、「今に見ていなさい。自分をバカにした人たちを見返してやるんだ。」という気持ちを原動力にして、ガンガンに頑張っている場合があります。

確かに、このようなマイナスの感情のエネルギーはパワフルで、そのエネルギーの強烈さの故に、大きな仕事が可能となることもあります。しかし、マイナスの感情のままであると、いつかトラブルが起こり、急にしぼんでしまうことが世の常です。その結果、幸福感を得ることができません。

このような場合、ディソシエーションによって、アソシエーションの強力なエネルギーを活用し、成功することが可能となってきます。ディソシエーションによって、負の感情を正の感情に変容することによって、幸福感を得ることができます。

一方、ディソシエーションのみであれば、冷静な分析ばかりがなされ、実際の行動には結びついていきません。アソシエーションとディソシエーションの両方をバランスよく活用することによって、幸福で充実した人生を送ることができるようになってきます。

写真:greg westfall.

Pocket
LINEで送る