能力不足はラッキー?

カテゴリー:

コーチングの仲間

コーチングのプロジェクトを推進するために、たくさんの方々が助けてくださいました。
私よりも能力の高い方々がたくさんおられることを目の当たりにしてきました。

マネジメント力、文章の表現力、衣食住に関する知識・情報・スキル、インターネット活用方法、コーチングのよさを広める力、音楽に関する知識、子どもの教育に関する情報、ビジネスコーチングの情報、世の中の方々との付き合い方、情報伝達の効果的方法…など、まだまだたくさんあると思います。

上記のような面で、自分自身の能力不足を痛感してきました。
そこで、能力の高い方々に自分ができないことを頼みました。すると、みなさま快く引き受けてくださいました。
そして、わからないことがあれば、知識ある人に聞きました。すると、みなさま快く教えてくださいました。

自分が能力不足であることが功を奏して、たくさんの方々が助けてくださり、たくさんの方々と深い心の関係を持つことができました。
「知識不足、能力不足はラッキーなこと」と思えるようになってきました。
不足なことがあるからこそ、助け合っていける。

私の能力・役割ってなんだろうか? と考えました。
「いろいろな方々にお願いすること」「いろいろな方々にお聞きすること」という答えが返ってきました。
わからないことは聞けばいい、できないことは頼めばいい、何と私はラッキーな人間であるかと痛感します。
日々私がしていることは、「あなたはOKです…」「これをお願いします…」

こんなことを白状すると、ニッシー(西崎 功)は何もしていないのではないか? という疑惑が生じるかもしれません。
「私は私でできることはしております。」ということもお伝えしたいと思います。

Pocket
LINEで送る